おうち会議

MOM活動/「話し合う」活動

おうち会議とは

言いたいこと、聞きたいこと、もっと考えたいこと。毎日の生活から生まれる住まいへの気持ちや思いを、みなさんと本音で語り合う「おうち会議」。暮らす立場からのリアルな意見の中には、ここでしか気づくことのできない、住まいと暮らしの「今」と「これから」を考えるたくさんのヒントがあるはずです。

おうち会議 Vol.04

働く場所としての「家」について会議します。

働き方改革が注目されるようになり、在宅勤務やサテライトオフィス勤務などテレワークの導入を進める企業が近年増加しています。これまでのような会社と自宅の往復だけではない多様な働き方が広がり、「働く場所」と「生活する場所」の区別が薄れつつある中で、住まいの在り方も変わってくるのかもしれません。「おうち会議Vol.04」では、働く場所としての「家」について議論しました。

2019.02.26

「おうち会議Vol.3」に参加していただいた都内のマンションに住む方に、
今回は、働く場所としての「家」についてお話を伺いました。
はじめに、みなさんの職業と現在の働き方をご紹介します。

職業によっても働き方は変わってきます。
ご自身や配偶者の職業、
現在の働き方について教えてください。

公務員として省庁に勤務している。

職場に自宅勤務の制度はあるけれど
使っている人はあまりいない。

旅行代理店に勤務している。

今は在宅勤務をしていて、
会社には年数回しかいかない。

私は看護師なので
そもそも自宅では働けない。

主人は会社員で
仕事帰りに
学習スペースのようなところに
寄って帰ってくる。

アルコールメーカーに勤めている。

フレックス制が導入されている。

在宅勤務が導入されていて
積極的に進められている。

IT関連の会社に勤めている。

フレックス制が導入されている。

在宅勤務ができる。

年に1回自宅で勤務する訓練がある。

スタッフからの
コメント

フレックス制や在宅勤務を導入している企業が増えていることがわかります。すでに在宅勤務の経験がある方もいらっしゃって、働き方の多様化が進んでいるのは確かなようです。

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この記事は役に立ちましたか?

ありがとうございました。