おうち会議

MOM活動/「話し合う」活動

おうち会議とは

言いたいこと、聞きたいこと、もっと考えたいこと。毎日の生活から生まれる住まいへの気持ちや思いを、みなさんと本音で語り合う「おうち会議」。暮らす立場からのリアルな意見の中には、ここでしか気づくことのできない、住まいと暮らしの「今」と「これから」を考えるたくさんのヒントがあるはずです。

おうち会議 Vol.04

働く場所としての「家」について会議します。

働き方改革が注目されるようになり、在宅勤務やサテライトオフィス勤務などテレワークの導入を進める企業が近年増加しています。これまでのような会社と自宅の往復だけではない多様な働き方が広がり、「働く場所」と「生活する場所」の区別が薄れつつある中で、住まいの在り方も変わってくるのかもしれません。「おうち会議Vol.04」では、働く場所としての「家」について議論しました。

2019.02.26

「おうち会議Vol.3」に参加していただいた都内のマンションに住む方に、
今回は働く場所としての「家」についてお話を伺いました。
レポート02では、「働く場所」について質問をします。

マンション共用部に仕事するスペースが
あたらどうでしょうか。

みなさんに
お聞きしたこと
その1
はじめに、仕事をする場所に求める
環境について教えてください。

Cさんの声

夫が学習スペースのようなところを借りている。
コーヒー飲み放題、インターネット使い放題、
印刷も無料、資料もある。
メリハリがつくから良いそう。
自宅に仕事を持ち込まないというメリットもある。

Eさんの声

個室までいかなくても、
ある程度仕切りがあり、通信環境、
パソコン用の電源、
プラスαとして複合プリンター、
飲み物があれば有料でも納得。

必要なのは快適な椅子。
家の椅子は長時間座る椅子ではない。
もしスタディルームのような
スペースがあるなら、
長時間座れる椅子を
設置する配慮があると良い。

みなさんに
お聞きしたこと
その2
マンション内に
仕事をするスペースがあったら
どのように思いますか?

Aさんの声

世帯数が多くて使う人が多ければ
マンション内に仕事ができる場所があれば
良いと思う。

Bさんの声

マンションから出て歩くことで
オン・オフを
切り替えたいので
マンション内になくても良い。

Cさんの声

子供が大きくなって
自宅では勉強が
はかどらないなら、
そういう場所を使うのも良いと思う。

Dさんの声

ずっと仕事をしているとも限らないし、
専業主婦になったら要らない。

Eさんの声

在宅勤務制度があるので
あったら良いと思う。

スタッフからの
コメント

お話を伺ってみると、会社や家以外でメリハリをつけて仕事をするために、カフェ、時間貸しスペースなどを利用している人も多いようです。「仕事をする場所に求める環境」としては、ネット環境、電源は必須で、そのほかドリンク、プリンター、疲れにくい椅子などの要望がありました。「マンション内に仕事をするスペースがあったらどう思うか」という質問については、設備が整っていれば利用したいという声があったほか、子供が大きくなったら子供の勉強スペースとして利用したい、専業主婦になったら必要ないといった声も。マンション内で集中できるスペースに対して一定のニーズがあることがわかるとともに、インターネットをはじめ快適な環境づくりがとても大切であることがわかりました。

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この記事は役に立ちましたか?

ありがとうございました。