マムラボ

MOM活動/「提案する」活動

マムラボとは

毎日をちょっと便利に、もっと楽しくするための住まいや暮らしの中の工夫。そんな知恵やアイデアをカタチにしていくのが、この「マムラボ」です。みんなの「声」や「おうち会議」といったMOM活動を通して集まったみなさまの想いを大切に、これからの住まいと暮らしの「あったらいいな」をご提案していきます。

Project04

玄関を通して、新しい住まい方を提案します。

MOM活動の「おうち会議」でお聞きした住まい手のリアルな声から、従来の間取りに対するさまざまな意見や要望、理想がわかってきました。今回の「マムラボ」では、時代が成熟して住まい方が多様化・個性化するなか、間取りを通して、新しい住まい方を考えていきます。

2020.03.25

# 02
「玄関」から、これからの
住まい方や
暮らしの
スタイルを提案します。

「玄関」について考えます。

日本の家の「玄関」には、
暮らしを支え、暮らしを広げる
さまざまな役割があります。

靴を脱いで家に上がる という世界でも稀な生活文化をもつ日本において
玄関は、家の「外」と「内」を仕切るだけのものではありません。
家の外と家の中、その2つの暮らしをつなぐ場として、住まいの多彩な役割を担ってきました。

「玄関」のさまざまな役割

01

暮らしを仕切る

靴の脱ぎ・履きをすることで、家の中と外を分け、家の入り口としての安心を守ります。

02

収納・作業スペース

下足箱や傘立てなど、外で使うものの置き場所として、かつては作業空間としても使われていた。

03

通風・採光・断熱の
役割

風や光を招き入れ、熱気・寒気・湿気を外に逃がすことで、家の中を快適な環境に保つ。

04

住まいの顔

お客様をお迎えするスペースとして、いつも清潔に住まいの顔としての役割を担います。

05

家族らしさ

花や絵などを飾ったり、家族の写真を置いたり、家族らしさを演出。

06

コミュニケーションの
スペース

ご近所さんとのちょっとした会話を楽しんだり、配達された荷物の受け取りをしたり。

現在を生きる家族の
リアルな暮らしの「声」

おうち会議を通して、
「玄関」についてわかったこと

みなさまの「声」からわかったことは、
マンションの限られた玄関スペースであっても、
写真を飾るなどその人、その家族らしさを出したい
玄関を暮らしに合わせて、多目的・多用途に使いたいというニーズでした。

名鉄不動産が考える
マンションの新しい「玄関」のアイデア

「すっきり」していて「らしさ」のある「玄関」

「玄関」が出入口の機能だけでなく、もっと使い勝手の良い場所となること。
そして、リビングと同じように自分たちの暮らしや大切なモノやコトが感じられ
家族らしさを表現できる場所になること。
こんな想いで、マンションの玄関に
「こんなのあったらいいな!」を描いてみました。

1/8

アイデア/01
家族みんなのクロークを玄関に。

コートやジャンパー、帽子やマフラーなどを気軽に置ける場所が玄関にあったら・・・家族それぞれのクローゼットから毎日出し入れすることなく、外出時も帰宅時も、身支度がささっとスムーズに。

アイデア/02
まとめ買いした食品を、
玄関スペースに。

まとめ買いした飲料水やお酒類、保存のきく食料品など、かさばるものを置ける場所があったら・・・キッチンを広く使えて、いつもより料理が、もっと快適に、もっと楽しくなりそう。

アイデア/03
ベビーカーや子供の遊具などが
置けるスペース。

できることなら家の外に置いておきたい外出用品を置ける場所があったら・・・ベビーカー・子供の遊具・キャリーバッグなど、大きくて玄関に置きづらかったものが置けたらすごく便利に。

アイデア/04
ギャラリーのように、
魅せるシューズボックス。

扉付もいいけれど、ズラリと並ぶ靴が見えるフルオープンのシューズボックスがあったら・・・お気に入りの靴をコレクションのように陳列でき、出かけるときも、扉を開けたり締めたりせず、パッと靴を選べます。

アイデア/05
大きな姿見(ミラー)で、
全身の身だしなみを整える。

全身が映る姿見が玄関にあったら・・・バッグや帽子を身に着けて、最後に靴を履いたあと、足元から頭まで全身の装いを整えられるのがうれしい。

アイデア/06
家族やお客様を、
季節のお飾りでおもてなし。

下足入れにカウンターが付いていたら・・・季節のお花やお飾り、お気に入りのアートなど、「わが家らしい」おもてなしで、家族やお客さまをお出迎え。

アイデア/07
家族のスタイルに応える、
ホビーボード。

好きなものを自由に簡単に壁掛けできる、有孔ボードが玄関にあったら・・・スポーツに使うアイテム、DIYの工具、趣味のグッズなどを好きなように並べられ、家族の自由が広がるかも。

アイデア/08
おしゃべりもできる、
ワイドな玄関ベンチ。

2人でもゆったり座れるワイドなベンチが玄関にあったら・・・靴を脱ぎ履きする時に便利なのはもちろん、外出前や帰宅後に家族でおしゃべりする楽しみも広がります。

「玄関」から描く、
これからの住まいづくり

たとえば、玄関の「すっきり」が、住まいの「らしさ」をもたらすように。
「玄関」の使い方が変わると、住まい方や暮らしのスタイルまで変化していきます。
「すっきり」していて「らしさ」のある「玄関」は、
「暮らしのリアルに応じた住まいの提案」につながっていく、と名鉄不動産は考えます。

momlabo_p4_2-s3-img-1

Proceed to the next

「玄関」から考えた
新しい住まいのカタチをご紹介します。

今回の考えやアイデアを間取りプランに反映し、「メイツ川口元郷」の実際の住まいづくりを行いました。
玄関を中心に、工夫を凝らした空間やインテリアをご紹介いたします。

キャンペーン期間(2020年8月21日から2021年3月14日)を通して、
みなさまからいただいた多数の貴重なご意見を総括します。

2020年8月21日から2021年3月14日のキャンペーン期間を通して、​
多数の貴重なご意見をいただき、本当にありがとうございました。
アンケート結果をご紹介します。

(ご回答者28名(うち男性18名、女性10名))

Q1

”玄関土間スペース”をご覧になってどのように感じられましたか?

Q2

”玄関土間スペース”をご覧になって、良いと思ったところを選択してください。

(複数回答)

Q2で複数回答いただいた「良いと思ったところ」を、世代別に割合で比較しました。

Q3

あなたならこの“玄関土間スペース”に何を置くと思いますか?

(自由回答)

Q4

もっとこうした方が良い、こうだったら良いのに、と感じられたことはございますか?

(自由回答)

たくさんのご意見、ありがとうございました!
今後の商品開発や改良に役立ててまいります。

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この記事は役に立ちましたか?

ありがとうございました。