閉じる

歴史の面影を残しながら、穏やかに成長する街「東船橋」

東船橋駅から南へ広がる一帯は、かつて別荘地として愛された地域。
時を経て、現在では区画の広い住まいが立ち並ぶ落ち着いた邸宅街に。都心に身近な立地ながら、恵まれた住環境が整う東船橋には、地域を大切に思う人々が穏やかに暮らします。様々な方の視点から、この地を紐解きます。

学校・親の結びつきが強く、健全な子どもが育つ地域

スクールIE 東船橋校 豊岡さん・門さん・村上さん(左から)

東船橋駅のほど近くに教室を構え、小学生~高校生を対象に個別学習を中心に生徒ひとりひとりの能力に合わせたカリキュラムで運営する「スクールIE 東船橋校」。教室長の村上さんは日々感じることについて「宮本小学校、宮本中学校の生徒さんに多く通っていただいています。特徴的なのはどちらも公立校ながら規律に厳しいため、生徒さんは元気でありながらも礼儀が正しいという印象を受けます。傾向としては、大学進学を希望する生徒が多い地域だと思います。そして親御さんからは、夢をかなえるために進学を目指すことを応援する姿勢が感じられます」と教育環境の充実ぶりを語る。

「勉強だけではなく運動会や文化祭などのイベントも熱心で、生徒・先生・保護者が団結て取り組んでいらっしゃいます。父親が参加する『おやじ会』という父兄会があり、地元の商店と協力して『ひがふなフェスタ』というイベントも毎年駅前で開催していらっしゃいます。親御さん同士の結束も強く、子どもも安心できる環境が整っているのではないでしょうか」と保護者の子育てに取り組む協力的な姿勢が、良質な教育環境につながっていることを付け加える村上さん。「だからこそ学習も熱心で、スポーツやイベントなども活発で健全なお子さんが育つ地域なのだと日々感じます」

  • MEITSU
  • 名鉄不動産の取り組み

COPYRIGHT © Meitetsu Real Estate Development Co.Ltd. All Rights Reserved.