閉じる

歴史の面影を残しながら、穏やかに成長する街「東船橋」

東船橋駅から南へ広がる一帯は、かつて別荘地として愛された地域。
時を経て、現在では区画の広い住まいが立ち並ぶ落ち着いた邸宅街に。都心に身近な立地ながら、恵まれた住環境が整う東船橋には、地域を大切に思う人々が穏やかに暮らします。様々な方の視点から、この地を紐解きます。

整った住環境で家族みんなが笑顔になれる

Sさんファミリー 夫:30代・会社員、妻:30代・専業主婦、子ども:5歳

子育て・教育環境の良さを求めて移り住んだというSさんファミリー。「もともと津田沼に住んでいた姉に『子育て環境が良い』という理由で東船橋を勧められました。船橋や津田沼といった商業施設がそろっている街のちょうど真ん中ということで生活利便性も良いとが決め手になりました」と話す妻のMさん。「複数習い事をさせていたり、教育熱心なご家庭が多いと感じます。お子さんがまだ小さいママ友同士で受験の話をされていて驚きました。まだ先ですが、娘が通うことになる宮本中学校の目の前には県立船橋高等学校があります。勉強も部活動も真面目で、マナーの良い生徒さんばかりなので子どもも良い刺激を受けてほしいと思います」。

夫のNさんは「この辺りは『通学みまもりボランティア』の方がいて、登下校時に立っていらっしゃるので、子どもの安全が重視されている環境は嬉しいです。あと、医療施設が徒歩圏にそろっていることも安心できます」と家族で暮らすための恵まれた住環境に満足されているようだ。

周囲に医療施設が充実

<メイツ東船橋>周辺には内科や眼科、整形外科、歯科など徒歩圏内に医療施設が多数。万が一の時にも安心して暮らせる住環境が整っています。

詳細はこちら ≫

  • MEITSU
  • 名鉄不動産の取り組み

COPYRIGHT © Meitetsu Real Estate Development Co.Ltd. All Rights Reserved.