ストラクチャー |【公式】グランアリーナレジデンス|東急田園都市線「中央林間」駅・「つきみ野」駅の新築マンション

image photo

  • 概念図

    拡底杭による強固な基礎構造

    建物の下に杭を打ち込み、杭の先端を支持地盤まで到達させ、杭の摩擦力と支持地盤による反力により建物全体を支える基礎工法。「グランアリーナレジデンス」では場所打ち鋼管コンクリート拡底杭を採用しています。※住宅棟以外の付属棟は異なります。

  • 概念図

    コンクリート柱の耐震補強対策

    建物を支える柱には、帯筋の継ぎ目を溶接した「溶接閉鎖形フープ筋」を採用しています。コンクリートの拘束力を高め、柱自体の粘り強さを更に高める事ができます。
    ※基礎、柱梁仕口部分、附属施設は除きます。

  • 概念図

    ダブル配筋

    鉄筋を格子状に組むことによって、シングル配筋の壁面と比べて高い強度と耐久性を実現。毎日の暮らしに安心をお届けするための選択です。
    ※一部除く

  • 概念図

    高い強度のコンクリート

    主要構造部のコンクリート(外構、附属施設、基礎の一部除く)設計基準強度は30N/m㎡以上を採用しています。

  • 柱断面概念図

    柱コンクリートかぶり厚

    当物件は建築基準法で定められた数値より約10㎜厚い設計かぶり厚を設定し、耐久性に配慮しています。

  • 概念図

    対震仕様の玄関扉枠

    地震の揺れが引き起こす扉枠の歪みなど、扉が開かなくなることを軽減する、対震仕様の玄関扉枠を採用。

  • 概念図

    二重天井

    天井は二重構造とし、ここに配管などを通すことで、将来のリフォームもしやすい工夫をしています。

  • 概念図

    結露対策・断熱対策

    断熱材を屋上や外壁など、居住空間を包み込むように充填。外気温の影響を受けにくくし、結露の発生を抑制します。
    ※一部除く

  • 概念図

    床の防音対策

    「グランアリーナレジデンス」では、居室部分の床の躯体厚さを200㎜以上(1階の床・屋根一部等を除く)とし、防音性能に配慮した床仕上材(フローリング材や畳)を採用しています。

  • 概念図

    壁の防音対策

    「グランアリーナレジデンス」では戸境壁の躯体厚さを約180㎜以上にしています。なお乾式耐火遮音間仕切りは壁厚約159㎜以上となります。
    ※一部耐火乾式遮音間仕切りを使用。

  • 各住戸毎に2つの評価書を取得

    国土交通大臣指定の評価機関による住宅性能評価。客観的なマンションの品質や性能が確認できます。
    ※「設計住宅性能評価書」設計段階の性能を評価したもの
    ※「建設住宅性能評価書」施工段階と完成段階の検査を経て性能を評価したもの

  • 資料請求はこちらから 来場予約はこちらから

※掲載のモデルルーム・設備写真はA1・I1タイプモデルルームを撮影(2019年4月)したもので、オプション等有償商品も含まれており、実際の仕様・仕上げとは異なる場合がございます。家具・調度品等は販売価格に含まれません。なお、オプションは、お部屋のタイプによって設置できない場合がございますので、予めご了承ください。

TOP